セキュリティ

パスワードマネージャー入門--セキュリティ強化と利便性向上を両立するツール

パスワードマネージャーは、パスワードを安全に保存して簡単に呼び出せるソフトウェアだ。サイバー犯罪がまん延する現代において、重要性が高まっている(2019年8月19日公開、2020年10月26日更新)。

 現代社会に生きていて、オンラインパスワードを1つも持っていない人などいないはずだ。パスワードはあらゆる場所で使われている。非常に広い範囲に浸透しており、米国の平均的なインターネットユーザーは約70〜80種類のパスワードを使っているほどだ。サイバーセキュリティのプロにパスワードについて聞いてみると、1つ1つ異なるパスワードを使用すべきだが、そのための手段はない、という答えが返ってくるだろう。何と言っても、2019年に最も多く使われたパスワードは「12345」で、これに「123456」「123456789」が続く。

 サイバー犯罪がまん延する現代において、これは問題だ。パスワードを1つ盗まれると、パスワード関連の問題が多数発生するおそれがある。ハッカーは電子メールとパスワードを試して一致するものを探し、ウェブサイトに侵入しようとするからだ。

 インターネット上で安全を確保するには、保護の層を1枚厚くする必要がある。2要素認証を使える場面では使うべきだが、安全対策としてやるべきことはそれだけではない。

 パスワードマネージャーが必要だ。

どんなものなのか

 本質的には、パスワードを保管するための暗号化された格納庫だ。パスワードマネージャー自体もマスターパスワードによって保護されている。パスワードマネージャーに保管されているパスワードにアクセスするには、マスターパスワードを知っていなければならず、多くの場合、2つめの認証要素も必要になる。

 パスワードを保管して簡単に呼び出すというだけの使い方もいいが、多くのパスワードマネージャーに備わっている非常に優れた機能は、パスワードを生成する機能だ。パスワードは長ければ長いほど安全性が高く、解読が難しい。パスワードマネージャーは、数字と文字を無作為に組み合わせた非常に安全なパスワードを生成してくれる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3445文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]