PaaS アクセス管理 SIEM

これからはゼロトラスト--MSが考える「Azure」での新しいセキュリティのカタチ

デジタル化を進めていく上ではクラウドが前提であると指摘されているが、そのクラウド化を阻むものとしてセキュリティが課題となっている。日本マイクロソフトは、これまでとは異なるゼロトラスト型セキュリティが解決できると主張する。

 日本マイクロソフトは8月6日、デジタルトランスフォーメーションにおける最新インフラへの移行に関する取り組みを紹介する記者説明会を開催した。サーバー向けOS「Windows Server 2008/2008 R2」のサポート終了を2020年1月に控え、システム基盤移行のセキュリティ面で同社がIaaS/PaaS「Microsoft Azure」でどのように支援できるか解説した。

 Windows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了が2020年1月14日に終了する。日本マイクロソフトでは、同OSによる環境をよりスケーラブルでアジャイルなクラウド環境にいち早く移行することをユーザーに求めており、Azure環境にリフト&シフトできるのであれば延長セキュリティ更新プログラムを3年間無償で提供するので、その3年間でレガシーなアプリケーションをアップデートすることを提案してきたという。

 これに対して、現在、移行状況はどのようになっているのか。日本マイクロソフトの業務執行役員でクラウド&エンタープライズビジネス本部の本部長を務める浅野智氏がMM総研の調査結果を引用して説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約9086文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  2. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  3. 【事例】AI活用の広告サービスで顧客生涯価値(CLV)向上に成功した小売業者の軌跡を追う
  4. Office365メールも保護! クラウド型多層防御サービスの実力
  5. 成果を生むデータマネジメント戦略とは?成功企業に共通する4つの特性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]