チャット

酪農業にビジネスチャット-- “牛の命”を救う確率を向上

広大な土地で1200頭の牛を育成する世羅つくし分場。外国人スタッフを含めた20人ほどで対応するため、正確かつ効率的、素早い情報共有を求めてビジネスチャット「WowTalk」を導入。牛の命に関わる可能性があるコミュニケーションを改善。

 農事組合法人吉浦牧場(島根県)の分場、世羅つくし分場(広島県)では、正確かつ素早いコミュニケーションを実現すべくビジネスチャットツール「WowTalk」を導入。病気や分娩などの緊急時でも確実に情報共有できるようになったという。8月15日、WowTalkを開発、提供するワウテック(中央区)が発表した。

 吉浦牧場は、年間1万3600トンの生乳を出荷する酪農業、牛のフンから作った堆肥を利用した野菜づくりをする農業などを事業としている。同牧場の世羅つくし分場では、58ヘクタールという土地で約1200頭の牛を育成しており、牛の体調管理から分娩介助までを約20名のスタッフが持ち回りで対応しているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約806文字 ログインして続きを読んでください。

「チャット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]