オフィスソフト

「Excel」でのデータ入力を減らす--誤入力削減にもつながる3つの便利技

データ入力ではミスが起きやすい。キー入力を減らせば、入力ミスの可能性も下がるはずだ。オートコレクトや小数点の自動挿入など、「Excel」でデータ入力を減らせる便利技を紹介する。

 大量のデータ入力は退屈な作業だと感じる人が多い。気を抜くと、ミスをしてしまう。これは誰にでも起こることだ。入力が非常に速い熟練オペレーターも例外ではない。自分でデータを入力する場合も、入力する人のサポートをする場合も、「Excel」にはキー入力を減らすための機能が多数用意されている。キー入力を減らせば、必然的に入力ミスの可能性も低下することになる。本記事では、データ入力の負担を軽減する簡単な方法を3つ紹介する。

 筆者は「Windows 10」の64ビット版システムで「Office 365」を使用しているが、これらの機能は以前のエディションでも利用可能だ。最初に紹介する「オートコレクト」はOfficeの機能なので、他のOfficeアプリでも使用できる。こうした機能はどれもブラウザーには実装できず、またブラウザーでサポートされていない。今回の説明では、デモ用のファイルは使用しない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2582文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]