チャット L is B

自然災害対策にビジネスチャット--採用の決め手はセキュリティ

広島銀行がビジネスチャット「direct」を導入。自然災害など緊急事態での適切な情報共有を目的としており、採用の決め手に端末認証を挙げる。

 広島銀行(広島市南区)は、自然災害などの緊急事態発生時の情報共有ツールとしてビジネスチャット「direct」を採用。3月から導入し、情報共有スピードが大幅に向上したという。8月14日、directを開発、提供するL is B(千代田区)が発表した。

 各部門の事務局や部長、担当役員などで構成する災害対策本部を設置しているが、2018年7月に西日本で発生した豪雨災害において、一斉に連絡できない、相手のコンディションによっては伝達できないという電話の課題、情報が伝達したかの把握が難しいというメールの課題が把握できたという。コミュニケーション手段の改善点として明らかになったとしている。

 自然災害のような緊急事態での適切な対応を金融機関の最重要課題の一つと捉え、夜間や休日でも各支店の状況をリアルタイムに共有し、迅速かつ適切に対処できる方法を模索。時間を要する指示系統の「縦割り構造」を改善しつつ、金融商品の販売担当者に試験導入していたビジネスチャットを比較検討したという。

 ビジネスチャットを含む多くのウェブサービスは、IDとパスワードがあればどこからでもログイン可能。便利な反面、銀行の管理下にないスマホやPCからのアクセスでき、重要なやり取りに不安があったという。directはあらかじめ登録した端末のみを許可できる「端末認証」機能を搭載しており、セキュリティを担保できる点を評価したとしている。

 4月に正式運用を開始し、対策本部と防災、防犯対策推進本部のチャットルームを作成。メンバー登録後の5月には、宮崎県で震度5、広島でも震度3を記録した地震が発生。九州支店のほか、各支店とのコミュニケーションに活用したという。そのほか、5月1日の「令和」への改元、10連休などでも活用したとしている。

 馴染みがある使い勝手で、既読と未読の一覧表示が可能。情報が伝達したか、重大な問題が発生しているかといった一次情報が電話報告の前に確認できるという。

 ユーザー登録や管理は操作しやすく、新規に追加されたメンバーは参加前にさかのぼって内容を確認できるという。ログをエクスポートすれば削除済の内容も確認可能で、詳細な分析もできるとしている。

導入前後の違い(出典:L is B)
導入前後の違い(出典:L is B)

「チャット」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]