クラウドサービス

「Evernote」だから簡単にできる--請求書や領収書の管理術

「Evernote」で簡単にできる請求書や領収書の管理術を今回は紹介する。Evernoteを使って経理部とペーパーレス、かつリアルタイムでのやりとりをしてみてはどうだろう。

 とくに月末や月初、請求書や領収書の対応に追われる人は少なくないと思う。送付を忘れている相手に連絡したり、その旨を経理部に伝えたり(謝ったり)、当月確定した売上・支払い金額を伝えたり……細々としたTo doが多い。

 そんなシーンでおすすめなのが「Evernote」の活用だ。請求書や領収書を紙ではなく、PDFなどで管理している場合は、ぜひ試してみてほしい。

 今回はEvernoteで簡単にできる請求書や領収書の管理術をご紹介する。Evernoteを使って経理部とペーパーレス、かつリアルタイムでのやりとりをしてみてはどうだろう。

請求書や領収書格納用のノートブックを作る

 最初に、請求書や領収書を格納するノートブックを作っておこう。ノートブック名は「2019年8月請求書」や「2019年8月領収書」などと付けて、「当月の請求書(または領収書)を入れる」と一目でわかるようにしておく。

ノートブックの作成

 作ったノートブックは、チームメンバーや上司、経理部メンバーなどの関係者が閲覧できるよう、共有設定をしておくといい。ノートブック右端にある3つの丸が横に並んだ「操作」ボタン→「ノートブックを共有」をクリック。

 共有したいメンバーの名前やメールアドレスを入力し、権限も設定しておく。「編集・招待が可能」「編集が可能」「閲覧が可能」から、必要な設定を選ぼう。

新規ノートに請求書を貼り付ける

 続いて「新規ノート」を作成し、タイトルに何年何月分の請求書なのか、誰が担当者なのかがわかるよう明記する。

 右端にある3つの丸が縦に並んだ「操作」ボタン→「移動」をクリックし、請求書を格納するノートブックを選択し、新規ノートを移動させておこう。

 請求書を貼り付けるのは本文だ。ツールバーの「ファイルを添付」ボタンから、請求書を添付する。

請求書を添付

 中身が見えない形で添付されるため、請求書の発行主(法人・個人)がわかるようなファイル名を付けておくといいだろう。また、添付ファイルの横に法人名や個人名を書いておくこともできる。自分や経理部メンバーが管理しやすい方法を選ぼう。

添付ファイルの横に法人名や個人名を記載

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]