セキュリティ

マルウェア発見までに平均800日--懸念される中小企業の脆弱性

中小規模企業(SMB)は依然として、脅威の検出と対応に必要なITスタッフの不足が原因で、大企業に比べると長期にわたる侵害に対して特に脆弱だという。

 高度なサイバーセキュリティツールの導入にもかかわらず、中小規模企業(SMB)は依然として、脅威の検出と対応に必要なITスタッフの不足が原因で、大企業に比べると長期にわたる侵害に対して特に脆弱だという。Infocyteが先頃発表した「Mid-market Threat and Incident Response Report」(ミッドマーケットの脅威とインシデント対応に関するレポート)で明らかになった。

 Infocyteは、2019年4月から6月までの90日間にわたって脅威を測定し、SMBセクターの何百もの顧客ネットワークのシステムで55万件以上のフォレンジック検査を調べた。レポートによると、予想通り、SMBはさまざまな種類の脅威に対して、大企業よりも脆弱だという。22%のSMBは、自社のネットワークが予防的なセキュリティ対策を迂回するランサムウェア攻撃を受けたことがあると述べた。その一方で、ファイルレスマルウェア攻撃も増加している。

 レポートによると、SMBの平均攻撃滞留時間(攻撃がネットワークの防御を突破してから発見されるまでの時間)は43日~895日だったという。確認済みの永続的なマルウェアの平均滞留時間は798日だった。リスクウェア(不要なアプリケーション、ウェブトラッカー、アドウェアを含む)の平均滞留時間は869日だった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約781文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]