ハイブリッドクラウド

ハイブリッドクラウド市場をめぐる争い--MS「Azure Stack」に対抗するグーグルとAWS

ハイブリッドクラウドソリューション市場はマイクロソフトの「Azure Stack」が一歩リードしている状況だが、グーグルやアマゾンも競合製品を投入している。各社のソリューションの特長を解説する。

 「Azure Stack」はMicrosoftのハイブリッドクラウドソリューションだ。「Azure」の機能を既成のハードウェアに拡張して利用でき、料金体系や運用方法はクラウドと同様だが、データを自社のデータセンター内にとどめておくことができる。Azureと同じサービスを多数備え、定期的な更新のたびにサービスが追加される強力なツールだ。コードをクラウドとデータセンターの間で移行できるAzureとの共通APIや、リソース作成とリソース管理用のおなじみのツールセットが用意されており、規制遵守と帯域幅の制限に対応しつつ、最新のクラウドプラットフォームの機能を利用できる製品となっている。

 とはいえ、市場はもはやAzure Stackの独擅場ではない。ハイパースケールクラウド分野でMicrosoftと競合するGoogleとAmazonが、それぞれ独自のハイブリッドクラウドソリューションを開発し、独自のハイブリッドクラウドスタックを市場に投入している。クラウドのように使えるオンプレミスシステムにニーズがあることは明白だ。その理由はさまざまで、規制遵守のためにクラウドで実行するわけにはいかないワークロードがある場合や、帯域幅が限られている、もしくは高額である場合などが考えられる。また、クラウド用のコードを開発して、グローバルに展開する前にテストするという使い方もある。

 クラウドの要素を持つアーキテクチャーには他にも、IoTデバイスなどのオンプレミスのリソースとクラウドサービスとをつなぐエッジコンピューティングデバイスや、必要に応じてクラウドのストレージやコンピューティングリソースを利用するハイパーコンバージドアーキテクチャーもあり、Microsoftはその両方のソリューションを「Azure Data Box Edge」と「Azure Stack HCI」として提供している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3037文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]