コミュニケーション

G SuiteやOffice 365と連携するポータル基盤のLumAppsが日本法人設立する意味

G SuiteやOffice 365と連携する企業向けポータル基盤などを提供するフランスのLumAppsは9月を目標に日本法人の設立を目指している。共同創業者でCMOのOlivier Chanoux氏に話を聞いた。

 G SuiteやOffice 365と連携する企業向けポータル基盤などを提供するフランスのLumApps(ルムアップス)は、9月を目標に日本法人の設立を目指している。パリ、リヨン、ロンドン、ニューヨークで展開してきた同社が次の市場として選んだのは東京だった。

 今回は日本法人設立に向けて奮迅中のLumAppsの共同創業者で最高マーケティング責任者(CMO)のOlivier Chanoux(オリヴィエ・シャヌー)氏に話を聞いた。

社内外のコミュニケーションやビジネスアプリを集約

 社内向けポータルサイトを必要とする企業は多いものの、従業員同士のコミュニケーションや情報共有を可能とするワークプレースツールは枚挙に暇がない。利用者は複数のタブを開き、各サービスにアクセスすることになるが、画面遷移は必然的に煩雑化し、リソースへのアクセスを妨げる一因となるのは皮肉な結果だ。

LumApps CMO Olivier Chanoux氏
LumApps CMO Olivier Chanoux氏

 他方で自社専用ポータルサイトの構築はITスキルが求められ、IT部門がウェブ開発を不得手とする場合、アウトソーシングが必要な場合もある。このような課題を解決するのがLumAppsだ。

 LuAppsは各機能を実現する部品を「ガジェット」と称し、G SuiteやOffice 365と連携して、メールやトップダウンもしくは従業員同士のコミュニケーション、SNSを用いた外部とのコミュニケーションと、分散するコミュニケーションやワークプレースツールを、ポータルサイトとして1つに統合できる。

 HTMLコーディングなどITスキルを必要とせず、GUIでガジェットを組み合わせるため、ユーザー部門を巻きこんだポータルサイトの運営を可能にする。

 LumAppsが持つ強みとしてChanoux氏は「われわれはITの方向けではなくユーザー向けに作り込んだ。LumAppsのようにすべてのニーズに対応したソリューションはグローバルでも存在しない」と語る。Office 365をコミュニケーション基盤とする某国内大手企業は、社内利用する数千のG Suiteユーザーが存在するため、LumAppsを用いて1つのワークプレースを構築しているという。

ポータル画面はユーザー企業ごとに完全にカスタマイズ可能。企業の現在情報やニュース、社内SNS、ビジネスアプリなどをさまざまに表示できる(出典:LumApps)
ポータル画面はユーザー企業ごとに完全にカスタマイズ可能。企業の現在情報やニュース、社内SNS、ビジネスアプリなどをさまざまに表示できる(出典:LumApps)

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]