AI・機械学習

AIがもたらす衝撃は領域で異なる--AI科学者が語る第3次AIブームの今

「Microsoft Kinect」の人間姿勢推定システム研究に関与し、現在はAppierでチーフAIサイエンティストを務めているMin Sun氏に現在の人工知能(AI)の開発の方向性や未来を聞いた。

 人工知能(AI)を活用したカスタマーエンゲージメントプラットフォーム「AIQUA(アイコア)」などのAI関連技術を台湾から発信するAppier(エイピア)。2018年7月26日にImageNetプロジェクトに参画、「Microsoft Kinect」の人間姿勢推定システム研究に携わってきたMin Sun氏がチーフAIサイエンティストとして就任した。Sun氏は、過去3年間に主要なAI学会で22本の研究論文を発表、2つの米国での商標を保有している。Sun氏へAIにまつわるいくつかの課題について話を聞いた。

領域で異なるAIの活用方法

――日本でもAIはハイプサイクルで言うところの幻滅期を迎えており、初歩的なビジネス活用が進みつつある。AIによるアウトプットが、今後のテクノロジーやビジネスを左右する存在だと認識しているが、この意見に対する是非を含めて、今後のAIの研究や開発がどの方向に進むべきか。

 AIは非常に幅広い分野で活用される可能性があるものの、よく知らない方々が間違った形で使ってしまうリスクも含んでいる。幻滅期に差し掛かっているという質問だが、領域によって異なるだろう。たとえばデジタルマーケティング領域においては、高い次元のデータが存在し、結果として広告のパフォーマンスにつながる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3690文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 乗換案内のジョルダンがインフラ基盤をHCIへ刷新、その効果とは
  2. 【マンガで解説!】Excelでの業務データ管理から脱却し、変化に強い企業に生まれ変わろう!
  3. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  4. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  5. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]