コミュニケーション

テレワーク、制度はあっても雰囲気で使えない--導入済みでも週にゼロ

テレワークの導入率は半分に満たない、導入していても週にゼロ――。利用しやすい雰囲気や利用するための環境整備に問題があるという意識が浮き彫りになっている。パーソルPTが調査した。

 テレワーク制度があっても7割が利用せず。雰囲気や環境整備が重要――。首都圏1都3県の課長、係長、主任、一般クラスの電車通勤者400人を対象とする、パーソルプロセス&テクノロジー(パーソルPT、江東区、旧インテリジェンス ビジネスソリューションズ)の6月28日~7月1日の調査で明らかになっている。

 普段の通勤への満足度は、“満足している”が39.8%、“満足していない”が37.3%。いずれも約4割弱の同程度だったという。ただし、通勤時間60分以上では不満が65.8%と高くなる。

 通勤時間短縮に有効と考える方法は、職場近くへの引っ越しが最多。次いで時差出勤、テレワークという結果で、“職場へは通う”意識が高いとしている。

 テレワーク制度の導入率は36.2%で従業員規模300人以上でも37.9%となったという。一方、“導入も検討もない”が54%。注目されていても多くの企業で導入に至っていないとしている。

テレワーク制度導入率(出典:パーソルPT)
テレワーク制度導入率(出典:パーソルPT)

 テレワークで期待できる効果として、移動の削減、プライベート時間の増加などが多かったという。一方、導入済企業での実施率は、週に“0日”が72.6%、次いで1日が16.7%。習慣的な活用はされていないとしている。

テレワーク実施状況(出典:パーソルPT)
テレワーク実施状況(出典:パーソルPT)

 テレワークを選択するため会社に整えてほしいこととして、利用しやすい雰囲気、利用するためのIT環境整備が多くの回答を集めたという。制度だけでなく実施しやすい雰囲気、環境整備が求められているとしている。

テレワーク実施にあたり求めること(出典:パーソルPT)
テレワーク実施にあたり求めること(出典:パーソルPT)

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]