PCソフト

新バージョンの「Edge」ブラウザー--エンタープライズ機能が充実

マイクロソフトの「Edge」ブラウザーは、「Chromium」ベースに移行したおかげで、基幹業務(LOB)アプリ向け「Internet Explorer」(IE)との後方互換性を保ちながら、ウェブサイトとの互換性を向上させられるようになった。

 Microsoftが、「Edge」ブラウザーを自社開発の「EdgeHTML」から「Chromium」ベースに移行したおかげで、基幹業務(LOB)アプリ向け「Internet Explorer」(IE)との後方互換性を保ちながら、ウェブサイトとの互換性を向上させられるようになった。現在、週1回の開発者向けチャンネルのリリースには、エンタープライズ機能が含まれている。管理者が試用版や製品版のチャンネルへの導入に向けた評価を開始できるようにするためだが、セキュリティやローカライゼーション関連の多くの主要機能は、まだ開発段階だ。

 Edge Devビルド用オフラインインストーラーは、「Windows 7」「Windows 8.1」「Windows 10」「Windows Server」「macOS」向けに提供されている(現バージョンのEdgeと違って、ChromiumベースのEdgeは、LTSB版のWindowsやWindows Serverにインストールできる)。Microsoftは、180以上のグループポリシーがあり、導入やブラウザーの設定に利用できるADMXファイルも公開しようとしている。その中には、ブラウザーのアップデート管理も含まれている。

 新バージョンの互換性をテスト中であれば、ポリシーを利用してアップデートできないようにし、ユーザーが利用できるブラウザーのバージョンを固定することができる。また、このやり方を、すでにリングを利用している方法と組み合わせて、パイロットユーザーグループに新バージョンのWindows 10を一斉に提供することも可能だ。あるいは、管理下にある機器にMSIファイル(Macの場合はPKGファイル)を送信して、アップデートプロセスを完全に管理することもできる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3295文字 ログインして続きを読んでください。

「PCソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]