AI・機械学習 OCR MM総研

導入率1割未満の“AI OCR”、満足度8割--手書き文字の読み取りも実用水準に

MM総研がAI OCRの導入率や満足度の調査を調査。手書き文字の精度も比較している。

 MM総研(港区)は7月30日、人工知能(AI)を活用して手書きの文字を光学文字認識(OCR)処理できる“AI OCR”サービスに関する調査を発表した。導入企業は9.6%だが、8割が効果に満足しているという。6月21~24日、ウェブアンケートで実施。予備調査2987人のうち、業務生産性向上の推進に強い関心を持つホワイトカラー企業従事者の1000人が対象。

 ホワイトカラーの業務生産性向上にあたり最も非効率に感じる業務として「データ入力、登録」が51.5%を集めたという。紙帳票やPDFから文字を識別してデータ化する業務が特に非効率かつ具体的な解決策に乏しいという結果が出たとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約872文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 乗換案内のジョルダンがインフラ基盤をHCIへ刷新、その効果とは
  2. 【マンガで解説!】Excelでの業務データ管理から脱却し、変化に強い企業に生まれ変わろう!
  3. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  4. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  5. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]