ERP 運用

ソフトウェア契約、課金形態に変化の兆し--データ量での課金に増加か

ガートナーがソフトウェア契約交渉に関する調査を発表。変化しつつある課金形態や第三者保守の台頭などの変革期にあり、見極めが重要と警鐘。

 ガートナージャパン(ガートナー、港区)は7月24日、国内企業のソフトウェア契約交渉に関する調査を発表した。変革期のまっただ中で、適切な対応を即時に取れない企業はデジタル化に翻弄されるという。国内のユーザー企業で選定、導入に関与する担当者のみを対象に5月に調査。課金形態や第三者保守についてまとめている。有効回答数は207件。

データ量での課金が増えていくか

 ソフトウェアの課金形態(メトリック)において最も一般的なユーザー数ベース。利用中ソフトの調査でも半数近くを占めたという。

利用中ソフトウェアの契約形態(出典:ガートナー)
利用中ソフトウェアの契約形態(出典:ガートナー)

 ガートナーのアナリストでバイスプレジデントの海老名剛氏は「モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)といったデジタルテクノロジーを経由するソフトなどでアクセス方法が多様化。接続する“デバイス”の数の測定が難しくなり、何をもって“ユーザー”とするかの定義が曖昧になりつつある」と指摘。多種多様なアクセス、利用が広がり、ソフトが処理するトランザクションの量がこれまで以上のペースで増加するという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約991文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. チャットボットは期待薄!? 世界の企業幹部が明かす「生き残る/消えるテクノロジー」
  2. 多様な働き方とデバイスをサポート! 「フルクラウド電話サービス」のインパクト
  3. 顧客を知り、顧客に合わせるのに欠かせない「NPS」を知っていますか?
  4. 中国の通信事情「知らなかった」では済まされないワケ─日中間越境通信を安全に行う方法とは
  5. AIが同僚に!IT運用人材の不足をテクノロジーでカバー--新時代のサーバ運用術

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]