eラーニング

従業員が能動的に進めるセルフラーニングを選択した豊田通商の危機感の本質

オンライン学習、指導マーケットプレイス「Udemy」のデータをもとにした「Udemy for Business」を豊田通商は活用している。背景にあるのは「ビジネスとITの知見や経験を持つハイブリッド人材を育てなければならない」という意識だった。

 世界経済フォーラム(World Economic Forum:WEF)は、2022年までに全従業員がスキルアップを求められる割合は54%、4人中1人は現状のビジネスとスキルのミスマッチが発生するという調査結果を明らかにしている。日本企業も従業員のスキルアップ向上を求められるようになっている。

 こうした需要に応えられるものとして期待されているのが、誰でも講師になりコースを作って知識や技能を共有できるオンライン学習、指導マーケットプレイス「Udemy(ユーデミー)」だ。Udemyは現在、世界190カ国以上、受講者数は3000万人以上、50以上の言語に対応した講座数も10万以上を数える。

 Udemyから取得したデータをもとに約3000の講座をサブスクリプションモデルで法人に提供するのが「Udemy for Business」だ。2015年からUdemyと提携しているベネッセコーポレーションが、この6月からUdemy for Businessの提供を開始。トヨタ自動車グループの総合商社である豊田通商(従業員数は単体で3485人、連結で5万8565人)がすでに活用を始めている。

 コーナーストーンオンデマンドは7月10日にスキルベースの人材戦略をテーマにしたイベント「CONVERGE TOKYO 2019」を都内で開催。「社内水準を世界水準に引き上げる これからの時代に求められる社員研修のポイントとは?」と題された講演にUdemyとベネッセ、豊田通商が登壇した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1661文字 ログインして続きを読んでください。

「eラーニング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]