クラウドサービス

「AWS」でIAMユーザーの多要素認証を設定するには

多要素認証(MFA)プロトコルは、「Amazon Web Services(AWS)」クラウドサービスの全体的なアクセスセキュリティを強化するベストプラクティスの1つだ。ここでは、簡単なMFAセキュリティプロトコルを作成する方法を紹介する。

 クラウドコンピューティングサービスが多くの企業にもたらす利点は十分に実証されているが、その計算能力をフルに活用するには、セキュリティプロトコルおよび手続きを慎重かつ注意深く使用する必要がある。多要素認証は、より直接的かつ効果的で、利用可能なクラウド・サービス・セキュリティ・プロトコルの1つであり、アクセス制御の一部として当然実装すべきものである。

 「Amazon Web Services(AWS)」の多要素認証(MFA)を設定するには、信頼できるサードパーティーの認証コードジェネレーターを使用する必要がある。簡単に説明すると、認証コードジェネレーターは定期的に一意のコードを生成する。その後、ログイン手続き中にこのコードをAWSに入力する。このコードへのアクセスと適切なパスワードの入力を組み合わせることで、ユーザーの身元とAWSへのアクセス権限を確認する。ユーザーが両方のセキュリティ要素を提供しなければ、アクセスは許可されない。

 今回のハウツーチュートリアルでは、モバイルデバイスを使って、簡単なMFAセキュリティプロトコルを作成する方法を紹介する。MFAセキュリティプロトコルは、「Identity and Management」(IAM)システムの下でAWSへのアクセスを許可されたユーザーに適用することが可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1287文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  2. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  3. 【事例】AI活用の広告サービスで顧客生涯価値(CLV)向上に成功した小売業者の軌跡を追う
  4. Office365メールも保護! クラウド型多層防御サービスの実力
  5. 成果を生むデータマネジメント戦略とは?成功企業に共通する4つの特性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]