ウェブ会議 ロジクール

ロジクール、ウェブ/ビデオ会議新製品--TeamsやHangoutsなど設定済み

ロジクールはウェブ/ビデオ会議向け製品「Tapルームソリューション」を発表。Microsoft Teams RoomやZoom Rooms、Google Hangouts Meetなどの認定を受け、それぞれの設定がプリインストールされている。

 7月22日~9月6日に「テレワーク・デイズ2019」が実施される。2017年から始まったテレワーク・デイズだが、今回は来年開催される東京五輪のテストとして1カ月間実施される。

 テレワーク・デイズ2019を踏まえて、ロジクールは7月18日、テレワーク応援プログラムの実施とウェブ/ビデオ会議向け製品「Tapルームソリューション」を発表した。テレワーク応援プログラムは7月22日~9月27日に実施。Tap体験&相談会を本社で開催するなど多くの施策を用意する。

 Tapは、ウェブ/ビデオ会議用タッチパネルとカメラ、スピーカー、マイク、ミニPCをセットにした。Microsoft Teams Room&Skype Room Systems、Zoom Rooms、Google Hangouts Meetの認定を受け、それぞれのサービスの設定がプリインストールされている。

(左から)Microsoft用、Zoom用、Google向けTapルームソリューション
(左から)Microsoft用、Zoom用、Google向けTapルームソリューション
ロジクール 代表取締役社長 笠原健司氏
ロジクール 代表取締役社長 笠原健司氏

 アプリケーション側の連絡先がタッチコントロールにリストアップされるため、ワンタッチで会議を開ける。Google Hangouts Meet用Tapルームソリューションは8月下旬、その他2構成は9月上旬からの出荷を予定している。価格は発表日時点で未定。近日中に発表する。

 「ロジクール=コンシューマー(消費者)向け製品を多数輩出している企業」という印象が強いかもしれないが、近年は企業向けのウェブ/ビデオ会議システムに注力していると語るのは、同社代表取締役社長 笠原健司氏。米本社Logitech Internationalのビデオコラボレーション(VC)ビジネスは年平均成長率(CAGR)が43%と堅調で、「日本でも高い成長率でビジネスが加速している」(笠原氏)

 ロジクールはウェブ/ビデオ会議システム市場に好機を抱いており、「世の会議室でウェブ/ビデオ会議システムを導入している割合は5%未満。95%というブルーオーシャンのビジネスチャンスがある」(笠原氏)とし、製品ポートフォリオの拡充を2016年から注力してきた。その成果となるのが今回のTapである。

 ITリテラシーが高くない、もしくは頻繁にウェブ/ビデオ会議システムを利用しない利用シーンを踏まえてTapはMicrosoft TeamsやZoom、Google Hangoutsのユーザーインターフェース(UI)を「ロジクールTapタッチコントローラ」に映し出す。会議参加者は“参加”ボタンをタップするだけで、即座にウェブ/ビデオ会議への参加が可能になる。カメラのオンオフや音量などもタッチコントローラで操作できる。

「ウェブ会議」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]