電話・FAX ネクスウェイ

月間1万枚以上のファクスをPCで受信--紙に潜む作業の混乱をなくす

卸売業者のジーネットは、月間1万枚を超えることもあるファクス受信業務に「FNX e-受信FAXサービス」を採用。ファクス番号を変えずにペーパレス化を実現。

 工作機械や機具工具、住宅設備機器などの卸業者のジーネット(大阪市中央区、従業員数486人)は、ファクスクラウド化サービス「FNX e-受信FAXサービス」を全拠点に導入。実地検証後、本社、3つの支社、43の営業所で稼働し、受信から処理までの業務を効率化したという。7月19日、開発、販売するTISインテックグループのネクスウェイ(港区)が発表した。

 販売店や仕入先との受発注業務にファクスを活用し、複合機と行き来しての受け取り、仕分け、基幹システムへの手入力、取引先との送達確認といった業務が発生していたという。受信数が多い拠点では月間1万枚、1日平均500枚以上になり、多大な工数となっていたとしている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]