セキュリティ

「分散型サービス拒否攻撃」入門--多大な被害をもたらす攻撃の手口と緩和の対策

サービス拒否(DoS)攻撃は、大量の処理要求を送りつけてサービスを停止させる攻撃で、高度な技術がない者でも実行可能だ。DoS攻撃の種類、仕組み、緩和の対策などを解説する。

 サービス拒否(DoS)攻撃は、国家が支援する攻撃者も、自由奔放なスクリプトキディもよく使うサイバー兵器だ。誰が実行するかに関係なく、サイバー犯罪者に狙われた組織では非常に大きな混乱と損害が発生することがある。2018年以降、DDoS攻撃の頻度と影響力が高まっており、組織にとってさらに深刻なリスクとなっている。

 今回の米TechRepublicの入門記事では、攻撃の手口や緩和の対策など、サービス拒否攻撃について包括的に解説する。

どんなものなのか

 サービス拒否(DoS)攻撃とは、悪意ある攻撃者がウェブサーバーやウェブアプリケーション、クラウドサービスに大量のサービス要求を送信し、他のユーザーがアクセスできないようにする攻撃戦略だ。DoS攻撃は基本的に発信元が1つだが、分散型サービス拒否(DDoS)攻撃では異なるネットワーク上の多数のマシンを使用して、特定のサービスプロバイダーを混乱させる。DDoS攻撃は複数の発信元から実行されるため、DoS攻撃よりも緩和が難しい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3945文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]