財務・経理

メルカリ、残高照合などをBlackLineで自動化--経理をリアルタイムに可視化

メルカリは経理や財務の業務を自動化できるSaaS「BlackLine」を活用。銀行預金、資産、負債勘定の残高照合や突合処理、グループ間の債権債務照合など、月末締め日前に集中しがちな時間と手間の掛かる業務を削減している。

 フリマアプリを運営するメルカリは、経理財務業務自動化SaaS「BlackLine」を採用。決算時期の業務負荷軽減、経理データを可視化するという。7月17日、ブラックライン(港区)が発表した。

 銀行預金、資産、負債勘定の残高照合や突合処理、グループ間の債権債務照合など、月末締め日前に集中しがちな時間と手間の掛かる業務を削減。チームメンバーの定型業務を効率化しつつ、スムーズな経理オペレーションへ移行するという。

 データのリアルタイムな把握、経営陣への共有が可能になり、多岐にわたる社内プロジェクトへ参加できる時間を限られたリソース内にねん出。結果的に顧客の期待を超えるサービス提供へつなげるとしている。

 BlackLineは、決算から開示までのプロセス全体を自動化、統制、処理できる一体型のプラットフォーム。SAPやOracle、NetSuiteなどの統合基幹業務システム(ERP)、銀行、クレジットカード、POSといったデータを単一のプラットフォームで収集、管理。分析までを自動化するという。

サービスイメージ(提供:ブラックライン)
サービスイメージ(提供:ブラックライン)

 締め日以降に処理した過去の収集データでなく、正確かつ効率的、リアルタイムな情報把握を日常業務に統合できる“継続処理(コンティニュアスアカウンティング)”を実現するという。ERPや顧客情報管理システム(CRM)でカバーできない部分を埋め、紙ベースのプロセスから脱却、導入するだけで業務を効率化できると説明している。

 ブラックラインは、2018年10月に日本法人を設立。2019年3月の会見では、日本市場への注力と年内10社の導入企業獲得を目標に掲げている。

「財務・経理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]