情報漏えい対策

重要度が増すベンダーリスク管理--ソリューション選定時に検討すべきこと

ベンダーリスク管理(VRM)プログラムは、サードパーティーベンダーによって引き起こされるデータ漏えいリスクの低減を可能にする。ここでは、VRMソリューションについて考慮すべき事柄を紹介する。

 ベンダーリスク管理(VRM)は新しい概念ではない。筆者は2016年2月に掲載された米TechRepublicの記事「5 best practices for reducing third-party vendor security risks」(サードパーティーベンダーのセキュリティリスクを減らす5つのベストプラクティス)で、サードパーティーベンダーによって引き起こされるデータ漏えいリスクの軽減方法をいくつか紹介した。その記事の中で、筆者はVRMを定義することを忘れてしまった。GartnerのIT用語集で、VRMは以下のように定義されている。

 「ベンダーリスク管理(VRM)とは、サービスプロバイダーやITサプライヤーの使用によって、許容できない業務の中断や業績への悪影響の可能性が発生するのを防ぐプロセスのこと」

サイバー犯罪者が好んで利用する攻撃経路

 サードパーティーベンダー(TPV)に起因するデータ漏えいは、サイバー犯罪者にとって定番の攻撃経路になりつつある。Ponemon Instituteの第3回年次報告書(2018年)「Data Risk in the Third-Party Ecosystem」(サードパーティーエコシステムにおけるデータリスク)は、この情報の信憑性を高めるものだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2613文字 ログインして続きを読んでください。

「情報漏えい対策」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]