AI・機械学習 クラウドサービス

MSのボット開発向けサービス--簡単な質問の対応からより複雑な会話へ

マイクロソフトのAIを利用したチャットボット開発ツールは拡大しており、「Cortana」のようなサービスをユーザーのビジネスにもたらすことを可能にしている。

 機械学習は強力なツールだが、実装したりビジネスに組み込んだりするのは必ずしも簡単ではない。1つの選択肢は、Eコマースやサポートの分野で対話型セルフサービスツールの構築に利用することだ。ユーザーは使い慣れたチャネルでデジタルエージェントと会話し、デジタルエージェントは簡単なタスクをこなしたり、情報を集めたりする。そして情報は評価されて、人間のエージェントに渡る。

 われわれは、「Siri」「Alexa」、Microsoftの「Cortana」をはじめとするデジタルアシスタント、つまり、家や携帯電話やPCの音声インターフェースには慣れ親しんでいる。現代の人工知能が極めてわかりやすい形をとったものであり、音声認識と音声合成の背後では、クラウドサービス、エンターテインメントアプリ、IoT(モノのインターネット)、おなじみの仕事効率化ツールなどが結びついている。

 こうしたプラットフォームには、長年にわたるコンピューター科学の研究成果が詰め込まれている。その大半は、複雑な機械学習アルゴリズムや、大企業のリソースを必要とする膨大な訓練データだ。しかし、われわれが利用できるのは、先述したツールだけではない。「Azure」などのクラウドプラットフォームのおかげで、Cortanaのようなサービスの構築に使われているツールを、パートナーが独自のアシスタントを開発するのに利用できるようになったからだ。基本的なところでは「Bot Framework」を使った簡単なチャットのやり取りから、さらに上のレベルになると、BMWthyssenkruppが開発しているような独自のバーチャルアシスタントまで構築できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2938文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]