開発ツール

「Raspberry Pi 4 Model B」レビュー--PCの性能に迫るシングルボードコンピューター

「Raspberry Pi 4」は、人気のシングルボードコンピューターRaspberry Piの最新モデルだ。新しい機能やハードウェア、旧モデルや競合製品との比較結果などを紹介する。

 「Raspberry Pi 4」は、低価格コンピューターRaspberry Piシリーズにおける飛躍的な進歩だ。大ヒットとなった同シングルボードコンピューターシリーズで初となる機能を多数搭載している。

 Raspberry Piはソフトウェア開発やハードウェア開発の実験を目的とした製品であり、その意味を定義してきたのは常にユーザーだった。ユーザーが考え出したRaspberry Piの用途は確かに多く、たとえばメディアセンター、ファイルサーバー、「Pi-hole」広告ブロッカー、ドローン制御装置、レトロゲーム機などがある。

 Raspberry Pi 4は、こうしたユーザーのニーズに十分に応えるだけでなく、同シリーズで初めて、低価格デスクトップPCを探している人が真剣に検討すべき製品になっている。55ドルのコンピューターとしては目覚ましい成果だ。

 予想どおりのアップグレードとしては、4GBの高速メモリーの搭載、4Kディスプレイのサポート、真のギガビットイーサネット、1.5GHzまで向上したプロセッサー速度、USB 3.0の採用、より現代的な新しいシステムオンチップ(SoC)への移行などがある。だが、驚くような変更点もあり、デュアルディスプレイ出力に対応したほか、2012年発売の初代モデルから続く35ドルという価格を上回るモデルが登場した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約7980文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]