PC VAIO

ノートPC「VAIO」新製品、サイズはサブノートでもメインマシンに

VAIOはノートPCの新モデル「SX12/Pro PJ」を発表。メインマシンのスタンダードの13インチより小さく、サブノートに留まることが多い11インチより大きい12.5インチを採用。

SX12/Pro PJ カラー:ブラウン(出典:VAIO)
SX12/Pro PJ カラー:ブラウン(出典:VAIO)

 PCメーカーのVAIO(長野県安曇野市)は7月9日、ノートPCの新モデルを発表した。個人向けの「SX12」、法人向け「Pro PJ」の2機種で、筐体は同一。一般的な折りたたみ形式“クラムシェル”型で「メインマシンの最小形」がコンセプトになるという。同日から受注を開始し、7月19日から出荷する。

キーピッチ比較(出典:VAIO)
キーピッチ比較(出典:VAIO)

 画面サイズは12.5型だが、ベゼルを細くしたことでA4用紙よりもフットプリントを小さくするとともに、キーボードのキーピッチは一般的なデスクトップPCと同様の約19mm。従来と同等以上の堅牢性を確保しつつ、CPUやメモリなどハードウェアの構成が変わっても重さは897g以下となっている。

 インターフェースは4K対応のHDMIのほか、VGAなどの“レガシー”な端子も含め、有線LANなど新旧問わず利用頻度の高い端子を搭載。USB Type-Cからは一般的な小型充電機器から充電できる。

対応端子(出典:VAIO)
対応端子(出典:VAIO)

 4コア、8スレッド駆動の第8世代CoreプロセッサのUシリーズを独自のチューニング「VAIO TruePerformance」で高性能化。Core i7モデルでは約25%、Core i5モデルでは約15%の性能向上となり、小型軽量4K対応14型ワイドの大画面モバイル「SX14/Pro PK」と同等のパフォーマンスを発揮するという。“本気でモバイルする”ビジネスパーソンのより一層の支援を目指す、生産性とモバイルPCのベストバランスを追求するモデルとしている。

「13インチモバイルノートは最適解か」

 2019年7月1日で設立5周年を迎えたというVAIO。設立当初はコンシューマー向けが9割だったという販売構成比は、働き方改革という政府の取り組みとのマッチ、キッティングなどハードに留まらない付加価値などで変化。今では7割以上が法人向けにシフトしつつあるという。付加価値はコンシューマー向けでも成果を発揮し、当初国内のみだった販売は世界18カ国へと広がっているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1849文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]