セキュリティ モバイル

モバイルデバイスによるパスワードの代替--セキュリティリーダー約9割が期待

IDGとMobileIronによるレポートによると、ITリーダーの多くは、モバイルデバイスがアカウント認証用のよりセキュアでユーザーフレンドリーな手段となることを期待しているという。

 IDGが先頃発表したレポートによると、企業のヘルプデスクチケットの半分近くは、多要素認証プロセスによって自分のアカウントにアクセスできなくなったユーザーからのパスワードリセット要請だという。このレポートでは、IT担当者がパスワードに関して抱いている大きなフラストレーションや、パスワードを完全に置き換える可能性を秘めた高度なソリューションが解説されている。

 MobileIronが後援するこのIDGのレポートでは、少なくとも500人の従業員を抱える企業で働く米国、英国、オーストラリア、ニュージーランドの200人のITセキュリティリーダーを対象に調査を実施した。レポートによると、企業ユーザーのほぼ半数がパスワードを使い回しており、90%の回答者が認証情報の盗難に起因するセキュリティインシデントを目の当たりにしたことがあると述べたという。

 パスワードはずっと前から論争の的になっており、ユーザーがパスワードを頻繁に変更しない、推測しやすいパスワードを使用する、すべてのアカウントで同じパスワードを使用する、といった問題がある。これらの問題は大規模なパスワードセキュリティ問題につながるので、IT担当者はパスワードに取って代わるアカウント認証方法を検討するようになっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約703文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]