RPA NEC 日商エレクトロニクス

RPA展示会で見つけた6選--自社開発が増加、管理ツールも多様化

RPA展示会「RPA DIGITAL WORLD TOKYO 2019」ではさまざまな製品やサービスが紹介されていた。海外ベンダー製品に加えて、日本企業が独自に開発した製品などが展示されていた。

 ソフトウェアのロボットがPC操作を実行するロボティックプロセスオートメーション(RPA)。作業を自動化できることから盛り上がりを見せ、6月7日に開催された「RPA DIGITAL WORLD TOKYO 2019」でも多くの来場者が詰めかけていた。歩きながら目に留まった6つのブースを紹介する。

1.「MinoRobo」--SIノウハウを詰め込んだデスクトップ型

 Minoriソリューションズ(新宿区)は、2018年1月から販売するデスクトップ型RPA「MinoRobo」を紹介。システムインテグレーター(SIer)として多くの実績を持つ同社だが、自社初となるサービスを模索していたという。

 同社のビジネスイノベーション推進室長を務める高橋進一郎氏は「もともとスクラッチでの受託開発が事業の中心だったため、色々なアプリの自動化実績がある。現場ごとに存在している各ツールやノウハウを集約して開発した」と経緯を説明する。

 従来ツールに多い座標や画像を指定する方法でなく、オブジェクト認識型を採用。レイアウト変更などにも柔軟に対応可能で、簡単かつシンプルな操作画面を実現した、誰でも使えるRPAになるという。「自社開発ツールということで、サポートも柔軟に対応できる。シナリオのサンプル作成など、支援も高く評価されている点の一つ」(高橋氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3766文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]