開発ツール VR・AR

「RealityKit」「Reality Composer」入門--AR作成を支援するアップルの新ツール

「RealityKit」と「Reality Composer」は、本格的な拡張現実(AR)体験をこれまで以上に容易に作成できるツールだ。これらのARツールの機能、用途、利用方法などを紹介する。

 「iOS」開発者はAppleの「ARKit」を利用することで、拡張現実(AR)体験を既存のアプリに簡単に追加できる。Appleの「RealityKit」フレームワークと「Reality Composer」アプリは、開発者がそこから次の段階へ進めるようにするものだ。ほんの数年前まで制作会社が巨額の費用を投じて作っていたようなAR体験を作成できるようになる。

 本記事ではRealityKitとReality Composerついて詳しく解説し、これらのARツールの機能や活用方法を説明する。

RealityKitとはどんなものなのか

 「Xcode 11」と「iOS 13」に組み込まれる新しいフレームワークであり、拡張現実シーンを写真のようにリアルにレンダリングすることができる。それらのARオブジェクトでは、アニメーション、各種効果、物理的な効果などの利用も可能だ。

 RealityKitはネイティブの「Swift」APIで、iOS 13 SDKとリンクされたときに利用できる。そのため、Swiftの言語機能を使って、RealityKitを活用したAR体験をこれまで以上にすばやく作成できるようになる。

RealityKitの主な機能

スケーラブルなパフォーマンス

 RealityKitは、GPUを利用してレンダリングパフォーマンスを最大限に引き出す。また、CPUキャッシュとマルチコア処理機能を使用することで、ユーザーにとってスムーズなシミュレーションを実現する。AR体験は、使用する各iOSデバイスの性能に合わせてスケーリングできるため、1つの体験を作成するだけで済む。Appleはこの点をアピールしている。

AR体験の共有

 Appleは2018年、ARKitで共有体験を作成する機能を追加した。2019年はそれをさらに一歩進めて、開発者が体験のネットワーキング面をより簡単に処理できるようにしている。

 一貫性のある状態の維持、ネットワークトラフィックの最適化、パケット損失の処理、所有権の転送の実行など、ネットワーキングタスクのすべてがRealityKitによって自動的に処理されるため、こうした半定型的なコードを開発者が自分で記述する必要はない。

Reality Composerとはどんなものなのか

 Reality Composerは「WWDC 2019」でRealityKitとともに発表された。このアプリはiOSと「macOS」で利用でき、開発者やグラフィックアーティストは、これまでにない簡単な方法でリアルなAR体験を作成し、アニメーションとインタラクションを追加することができる。

 iOSでの拡張現実体験の作成で中心となるのは、USDZファイルだ。これまでは基本的にサードパーティーツールを使ってUSDZファイルを作成していたが、Reality Composerによって既存のUSDZファイルをインポートすることができる。あるいは、同アプリで独自のUSDZファイルを作成し、あらかじめ構築された多数の3Dオブジェクトをいくつかインポートして、ARシーンを作成することも可能だ。

開発者やデザイナーはReality Composerを使用して拡張現実シーンを編集できる。iOSとMac向けの強力なアプリだ。
開発者やデザイナーはReality Composerを使用して拡張現実シーンを編集できる。iOSとMac向けの強力なアプリだ。
提供:Apple, Inc.

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]