新興技術

「ARKit」入門--アップルのARアプリ開発用フレームワーク

「ARKit」は、拡張現実(AR)アプリを開発するためのアップルのフレームワークだ。仮想の物体を現実の空間に重ねて表示して、やりとりできるアプリを開発できる。ARKitの機能や、同キットで開発されたアプリなどを紹介する。

 「ARKit」は、2017年にAppleの「Worldwide Developer Conference」(WDWC)で「iOS 11」とともにリリースされた。拡張現実(AR)は、Appleをはじめとするハイテク各社が開発している最先端の専門技術であり、ARKitを用いた開発によってARをiOSデバイスで利用できるようになる。最新のハードウェアと統合されたこの開発キットは、iOSデバイスでかつてない水準のAR統合を実現する。

 本記事では、AppleのAR開発フレームワークARKitに関する情報を紹介する。

概要

  • どんなものなのか:iOSソフトウェア開発キット(SDK)に含まれているフレームワークだ。開発者はこのフレームワークを使って拡張現実アプリを作成し、iOSデバイスのハードウェア機能やソフトウェア機能を利用することができる。
  • なぜ重要なのか:拡張現実は仮想現実と同様に、テクノロジー分野で大きな話題となっている。ARアプリでは、仮想の物体を現実の空間に重ねて表示して、操作することができる。ARアプリは特に、ゲーム、ショッピング、産業の分野で人気になるだろう。
  • 誰が影響を受けるのか:ARKitはiOS 11に初めて搭載されて以来、iOSのすべての新バージョンに含まれている。開発者はアプリ内でAR体験を作り出すことができるが、ユーザーはARKitアプリをiOSデバイスにダウンロードして使用できるため、ユーザーにも影響があるといえる。
  • いつから利用できるのか:ARKitは、2017年6月のWWDC 2017でベータ版がリリースされ、「Xcode 9」の一部として開発者に提供された。ARKitアプリは、米国時間2017年9月19日にiOS 11がリリースされて以来、「App Store」で消費者に提供されている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3641文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]