開発ツール

「Swift」入門--機能の拡充が進むアップルのプログラミング言語

「Swift」は型安全性やパフォーマンスに優れたアップルのプログラミング言語だ。「iOS」アプリや「macOS」アプリなどの開発に使用できる。Swiftの各バージョンの機能、「iPad」向けの「Swift Playgrounds」、UI作成用の「SwiftUI」などについて解説する(2019年6月27日公開、2020年10月30日更新)。

 「Objective-C」は、多くの開発者の心をつかんできたプログラミング言語だ。オブジェクト指向プログラミング(OOP)を「C」プログラミング言語の特徴と組み合わせた言語として誕生し、NefXTとAppleのOSに搭載され、「NeXTSTEP」「OS X」「iOS」の標準のプログラミング言語となった。

 Appleが2010年に開発を開始した「Swift」は、一部の分野でObjective-Cに比肩する新しいプログラミング言語だ。具体的には、型安全性とセキュリティは同等で、ハードウェア上でのパフォーマンスはObjective-Cを上回る。SwiftはObjective-Cよりも2.6倍以上高速で、「Python」よりも8.4倍以上速い。「Swift 1.0」は2014年9月にリリースされた。

概要

  • どんなものなのか:Appleの最新のプログラミング言語であり、型安全性、セキュリティ、パフォーマンスに優れている。iOS、「macOS」「watchOS」「tvOS」アプリの開発に使用できる。
  • なぜ重要なのか:学びやすいプログラミング言語なので、多くの学生、新人開発者、経験豊富なMac開発者やiOS開発者が、Swiftの開発スキルの向上に取り組んでいる。また、AppleがSwiftをオープンソース化したため、同社のOSだけでなく、他のプラットフォームでの開発にも利用できるようになった。
  • 誰が影響を受けるのか:Swiftで開発したアプリは、「iOS 7」以降のiOSデバイスと、「OS X 10.9」以降のMacで実行できる。
  • いつから利用できるのか:最新バージョンの「Xcode」で今すぐ利用できる。
  • どうすれば利用できるのか:Swiftの最新バージョンは、Xcodeを「Mac App Store」か「Apple Developer Center」からダウンロードすると利用できる。Xcodeをインストールすると、SwiftとObjective-Cコンパイラー(LLVM)がMacにインストールされる。

Objective-Cとどこが違うのか

 AppleはObjective-C言語を廃止する計画を発表していない(むしろアップデートを続けている)が、Swiftは急速にObjective-Cを追い越して、Appleのプラットフォーム上での採用を拡大させている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約8685文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]