会計ソフト ERP 経費精算・旅費精算 帳票管理 RPA スーパーストリーム 大塚商会 OSK ICSパートナーズ

展示会「会計・財務EXPO」で見つけた製品・サービス5選--RPAの目的を特化

展示会「第4回 会計・財務EXPO」が先頃開催された。会計や財務の業務を効率化できる製品やサービスを見てみる。汎用性の高いRPAを特定の目的に特化したものが展示されていた。

 2019年5月29~31日の3日間にわたり開催された「第4回 会計・財務EXPO」。会場内は賑わいを見せ、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソフトなどを活用して業務効率化を目指すサービスが数多く見られた。目に留まった5つのブースを紹介する。

1.「早業BANK8」--唯一“仕訳専用”RPA

 ブース自体は大きくないながら、説明員が常に対応に追われていたのはHAYAWAZA(江戸川区)。出展製品は「早業BANK8」。日本で唯一の“仕訳専用”のRPAソフトになるという。

  金融機関のインターネットバンキングデータやExcelなどのデータを“パターン”としてそれぞれ設定。取り込み、変換、会計ソフトへの入力までを自動化するという。対応パターンがない場合はカスタム設定も可能で、ほとんどの銀行データが処理できるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2515文字 ログインして続きを読んでください。

「会計ソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]