勤怠管理・労務管理 人材管理 給与計算 マイナンバー ネオキャリア ソニーネットワークコミュニケーションズ

展示会「HR EXPO」で見つけたサービス5選--人事データ可視化した後が重要

「第7回 HR EXPO」が開催。人事領域にITを活用する“HRテック”の広まりで人事データを集約、分析できるような仕組みが注目されているが、重要なのは可視化した後でどのように活用するかということだ。

 2019年5月29~31日に開催された「第7回 HR EXPO」では、テクノロジーを活用した人事関連業務の処理から、データを収集、活用を目指すサービスが数多く見られた。目に留まった5つのブースとその製品、サービスを紹介したい。

1.「AKASHI」--使いやすさ最優先の勤怠管理サービス

 ソニーネットワークコミュニケーションズ(品川区)ブースでは、開発、提供する勤怠管理SaaS「AKASHI」を紹介。ICカードのほか、PCやタブレット、スマートフォンを活用した打刻、勤務時間集計が可能。旧ソネット時代の2004年4月から提供するASP型勤怠管理システム「インターネットタイムレコーダー」の後継という位置づけで、2016年から開始したサービスになるという。

 勤怠の打刻と勤務時間の集計ができ、1人あたりの税別月額利用料が200円の「タイムレコーダー」プランと、300円で実績の修正や休暇状況を一覧管理機能などがある「スタンダード」プラン、400円でシフト作成や工数管理が可能な「プレミアム」プランがある。いずれもデータ保存期間は3年で、給与計算用のCSV出力は可能。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3870文字 ログインして続きを読んでください。

「勤怠管理・労務管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]