勤怠管理・労務管理 人材管理 給与計算 マイナンバー ネオキャリア ソニーネットワークコミュニケーションズ

展示会「HR EXPO」で見つけたサービス5選--人事データ可視化した後が重要

「第7回 HR EXPO」が開催。人事領域にITを活用する“HRテック”の広まりで人事データを集約、分析できるような仕組みが注目されているが、重要なのは可視化した後でどのように活用するかということだ。

 2019年5月29~31日に開催された「第7回 HR EXPO」では、テクノロジーを活用した人事関連業務の処理から、データを収集、活用を目指すサービスが数多く見られた。目に留まった5つのブースとその製品、サービスを紹介したい。

1.「AKASHI」--使いやすさ最優先の勤怠管理サービス

 ソニーネットワークコミュニケーションズ(品川区)ブースでは、開発、提供する勤怠管理SaaS「AKASHI」を紹介。ICカードのほか、PCやタブレット、スマートフォンを活用した打刻、勤務時間集計が可能。旧ソネット時代の2004年4月から提供するASP型勤怠管理システム「インターネットタイムレコーダー」の後継という位置づけで、2016年から開始したサービスになるという。

 勤怠の打刻と勤務時間の集計ができ、1人あたりの税別月額利用料が200円の「タイムレコーダー」プランと、300円で実績の修正や休暇状況を一覧管理機能などがある「スタンダード」プラン、400円でシフト作成や工数管理が可能な「プレミアム」プランがある。いずれもデータ保存期間は3年で、給与計算用のCSV出力は可能。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3870文字 ログインして続きを読んでください。

「勤怠管理・労務管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]