クラウドサービス

「Evernote」だから簡単にできる--チーム内の日報管理術

今回は「Evernote」で簡単にできる日報管理術を紹介する。Evernoteを使って日報をアウトプットすることで、チームに属する皆が責任感を持って、個々の業務に取り組む体制を作れるはずだ。

 メンバーの一人ひとりが、その日1日どんな仕事に取り組み、何を考え、どれくらい進捗があったか――そういった個々の状況を把握するには、日報としてまとめて、皆が閲覧できる状態にするのが手っ取り早い。

 日報を書く文化がある会社は多いと思う。それぞれに日報のスタイルがあると思うが、中にはメールで日報をやりとりしている会社もある。たとえば、メールの件名に日付や名前、本文に日報を書く、といった具合だ。

 社員それぞれが向き合った仕事は、本人はもちろん会社の“財産”でもある。そう考えると、どんどん流れていくメールではなく、ストック型のツールを使ってデータとして蓄積していくやり方も悪くはないと思う。

 今回は「Evernote」で簡単にできる日報管理術をご紹介する。Evernoteを使って日報をアウトプットすることで、チームに属する皆が責任感を持って、個々の業務に取り組む体制を作れるはずだ。

関係者に共有するノートブックを作る

 最初に、すべての日報を格納するノートブックを作っておこう。ノートブック名は「日報」や「2019年日報」などと付けて、「日報を入れる用」だと一目でわかるようにしておく。

 作ったノートブックは、チームメンバーや上司などの関係者が閲覧できるよう、共有設定をしておくといい。ノートブック右端にある、3つの丸が横に並んだ「操作」ボタン→「ノートブックを共有」をクリック。

ノートブックの共有

 共有したいメンバーの名前やメールアドレスを入力し、権限も設定しておこう。「編集・招待が可能」「編集が可能」「閲覧が可能」から選択できる。この先、新入社員や中途社員が入ってきて、日報を共有し合うメンバーが増えることを想定すると、「編集・招待が可能」にしておくのが最も効率的かもしれない。

新規ノートから日報を入力

 続いて「新規ノート」から、日報を入力する。タイトルには「日報」「日付」「氏名」を入れておくと、検索や管理が楽になる。タイトルの言葉選び次第で、Evernoteは使いやすくもなれば、逆に使いにくくもなるので、気を使いたい部分だ。

日報の入力

「クラウドサービス」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]