セキュリティ

ほとんどの企業が自社能力を「過信」--サイバーセキュリティ侵害の阻止で

Centrifyが先頃発表したレポートによると、組織はサイバー脅威に対抗する準備ができていると感じると報告しているが、それを実行する自らの能力を過信しているという。

 Centrifyが先頃発表したレポートによると、組織はサイバー脅威に対抗する準備ができていると感じると報告しているが、それを実行する自らの能力を過信しているという。

 レポートでは、米国とカナダの11業界の1300組織を対象に調査を実施した。調査結果によると、組織の93%は、特権的アクセス権が関わる脅威に対抗する「準備がある程度できている」と報告したが、その実施に対する彼らのアプローチは洗練されていないという。

 調査によると、43%の組織では、特権的アクセス権を管理するアプローチが「存在しない」のに対し、21%の組織は「パスワードボールト中心」だという。また、より洗練された組織(15%)は「ID中心」のアプローチを採用しており、共有された特権的アカウントやローカルの特権的アカウントを制限し、それらを一元化されたID管理および認証方法に置き換えようと試みているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約712文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]