コンバージド・ハイパーコンバージド Nutanix

HCIからクラウドやIoTの領域にも拡張するニュータニックスの戦略

ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)のニュータニックスは5月に米でイベント「.NEXT Conference 2019」を開催。HCIに加えてIoT領域でも技術を展開しようとしている。

 ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)「Nutanix」などを開発するNutanixは5月7日から3日間、米アナハイムで年次ユーザーカンファレンス「.NEXT Conference 2019」を開催。世界から5800人以上が登録し、日本からは200人以上が参加。セカンダリストレージの運用を実現する「Nutanix Mine」をはじめ、プライベートクラウドとパブリッククラウド向けのサービス拡張を新たに発表している。

 6月21日に開かれた日本法人ニュータニックス・ジャパンの記者会見でコーポレートバイスプレジデント兼社長 町田栄作氏は「2016年9月にはNASDAQに上場し、今年で10周年を迎えた。お客さまのご愛顧とパートナーやクラウドビルダーに支えられながら次の10年を目指す節目の年」とビジネスの進捗を語った。

 ニュータニックス・ジャパン ソフトウェアテクノロジーセンター テクニカルエバンジェリスト 島崎聡史氏は「われわれの『エンタープライズコンピューター環境をインビジブルに』の方向性は変わっていない」ことを強調。.NEXT Conference 2019での発表内容を、HCI領域を意味する「Core」、そのCoreの周辺にあるオンプレミスやハイブリッドクラウドなどの領域である「Essentials」、挑戦的領域となる「Enterprise」の観点から説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2795文字 ログインして続きを読んでください。

「コンバージド・ハイパーコンバージド」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]