人事・労務

製造業のディスラプションはこれから--アクセンチュアが考える「日本企業の勝ち残り」に必要なこと

「ディスラプション」(創造的破壊)に対して先手を打つには、「Wise Pivot」(賢明な事業転換)が重要とアクセンチュアは考えている。

 「ディスラプション」(創造的破壊)に対して先手を打つには、「Wise Pivot」(賢明な事業転換)が重要とアクセンチュアは考えている。6月17日に開いた記者会見で解説した。

 2018年時点において世界中で約6割の大企業が業界の垣根を越えた創造的破壊をすでに経験している、とアクセンチュアで常務執行役員製造・流通本部統括本部長を務める原口貴彰氏は述べる。製造業における競争環境において、価格に対する「製品そのものの価値=性能×品質」での優位性は、プラットフォーマーやサービスプロバイダーの登場により、サービスやユーザー体験、そして、それらが形成するエコシステムに取って代わられているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2397文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]