クラウドストレージ オフィスソフト チャット ウェブ会議 Dropbox

DropboxがSlackやZoomと連携--Googleドキュメントなども作成、編集可能

Dropboxが機能強化。SlackやZoomと連携できるようになるとともに、Googleのドキュメントやスプレッドシートなどのコンテンツをそのまま利用できる。

 Dropbox Japan(千代田区)は6月20日、開発、提供するクラウドストレージサービス「Dropbox」のアップデートを発表した。コンテンツやツールなど、Dropbox上で活用できる連携SaaSを拡充。アプリへの切り替え不要でそのまま業務可能になり、“統合ワークスペース”として活用するための強化になるという。

 Slack Japan(千代田区)のビジネスチャット「Slack」、ウェブ会議「Zoom Meetings」などのアプリがDropbox上でそのまま活用可能。DropboxでSlackを立ち上げずにSlackのチャンネルにファイルへのリンクを直接送信可能。Dropboxから直接Zoom Meetingへの参加や開催が可能、Dropboxのファイルも画面を共有できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約564文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. チャットボットは期待薄!? 世界の企業幹部が明かす「生き残る/消えるテクノロジー」
  2. 12時間が2時間に!あのWendy'sはどうやって1PBのバックアップを劇的に時短したか?
  3. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を
  4. まだメール添付?社内外の関係者とスマートにファイル共有には?
  5. Offiice 365、BoxなどのSaaS利用でネットワークが逼迫!その解決策は?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]