OS オープンソース

「Red Hat Enterprise Linux 8」と「Red Hat Virtualization」の新機能

「Linux」ベースのOSである「Red Hat Enterprise Linux 8」(RHEL 8)、そして、Linuxや「Microsoft Windows」のワークロードを仮想化するオープンなソフトウェアデファインドプラットフォームの「Red Hat Virtualization」の新機能を紹介する。

 オープンソーステクノロジーの年次技術会議「Red Hat Summit 2019」が4月にボストンで開催された。筆者は、「Red Hat」エコシステムの最新情報について詳しく知るためにこの会議に参加し、さまざまな興味深い情報を入手した。その1つが「Linux」ベースのOSである「Red Hat Enterprise Linux 8」(RHEL 8)、もう1つがLinuxや「Microsoft Windows」のワークロードを仮想化するオープンなソフトウェアデファインドプラットフォームの「Red Hat Virtualization」だ。

 この記事では、それらの改善点を紹介する。

Red Hat Enterprise Linux 8

 Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 8は、「運用の一貫性、セキュリティ、およびクラウド基盤」という方針に基づいて開発された製品だ。カーネル4.18xとFedora 28をベースとしたRHEL 8は、Intel/AMDの64ビットプロセッサー、IBMの「Power LE」と「System z」、および64ビットArmプロセッサーで利用できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3475文字 ログインして続きを読んでください。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]