スマートフォン

「Android 10」入門--ジェスチャー機能が充実したグーグルの最新モバイルOS

「Android 10」はグーグルの最新モバイルOSだ。今回からスイーツの名前が付かなくなった。新しいジェスチャー操作やダークテーマなどの新機能、強化された既存機能、セキュリティ機能、サポート対象デバイスなどを紹介する(2019年6月20日公開、2019年9月17日更新)。

 「Android」は、今も世界で最も広く使用されているプラットフォームだ。市場シェアは現行バージョンのリリース時からほとんど変わっておらず(「Android Pie」がリリースされた頃は約81.7%)、Googleはモバイル分野をしっかりと掌握している。「Android 10」(以前は「Android Q」と呼ばれていた)は、新機能と既存機能の改善がうまく組み合わされた状態でリリースされている。目を見張るような新機能もあり、Androidのモバイル分野での首位固めにおいて、こうした機能が大いに役立つはずだ。

 このAndroid 10入門記事では、Googleの次期OSに関する最新の情報を紹介する。

どんなものなのか

 Android 10は、Android OSの最新バージョンの正式名称だ。GoogleはAndroidの最初のリリース以来、同プラットフォームにさまざまなスイーツの名前を付けてきた。これまでのAndroidバージョンで使われてきた名前は以下のとおりだ。

  • Android 1.5:「Android Cupcake」(カップケーキ)
  • Android 1.6:「Android Donut」(ドーナツ)
  • Android 2.0~2.1:「Android Eclair」(エクレア)
  • Android 2.2~2.2.3:「Android Froyo」(フローズンヨーグルト)
  • Android 2.3~2.3.7:「Android Gingerbread」(ジンジャーブレッド)
  • Android 3.0~3.2.6:「Android Honeycomb」(ハニカム)
  • Android 4.0~4.0.4:「Android Ice Cream Sandwich」(アイスクリームサンドイッチ)
  • Android 4.1~4.3.1:「Android Jelly Bean」(ジェリービーン)
  • Android 4.4~4.4.4:「Android KitKat」(キットカット)
  • Android 5.0~5.1.1:「Android Lollipop」(ロリポップ)
  • Android 6.0~6.0.1:「Android Marshmallow」(マシュマロ)
  • Android 7.0~7.1.2:Android Nougat」(ヌガー)
  • Android: 8.0~8.1:Android Oreo」(オレオ)
  • Android: 9.0:Android Pie(パイ)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5107文字 ログインして続きを読んでください。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]