スマートフォン

「Android 10」入門--ジェスチャー機能が充実したグーグルの最新モバイルOS

「Android 10」はグーグルの最新モバイルOSだ。今回からスイーツの名前が付かなくなった。新しいジェスチャー操作やダークテーマなどの新機能、強化された既存機能、セキュリティ機能、サポート対象デバイスなどを紹介する(2019年6月20日公開、2019年9月17日更新)。

 「Android」は、今も世界で最も広く使用されているプラットフォームだ。市場シェアは現行バージョンのリリース時からほとんど変わっておらず(「Android Pie」がリリースされた頃は約81.7%)、Googleはモバイル分野をしっかりと掌握している。「Android 10」(以前は「Android Q」と呼ばれていた)は、新機能と既存機能の改善がうまく組み合わされた状態でリリースされている。目を見張るような新機能もあり、Androidのモバイル分野での首位固めにおいて、こうした機能が大いに役立つはずだ。

 このAndroid 10入門記事では、Googleの次期OSに関する最新の情報を紹介する。

どんなものなのか

 Android 10は、Android OSの最新バージョンの正式名称だ。GoogleはAndroidの最初のリリース以来、同プラットフォームにさまざまなスイーツの名前を付けてきた。これまでのAndroidバージョンで使われてきた名前は以下のとおりだ。

  • Android 1.5:「Android Cupcake」(カップケーキ)
  • Android 1.6:「Android Donut」(ドーナツ)
  • Android 2.0~2.1:「Android Eclair」(エクレア)
  • Android 2.2~2.2.3:「Android Froyo」(フローズンヨーグルト)
  • Android 2.3~2.3.7:「Android Gingerbread」(ジンジャーブレッド)
  • Android 3.0~3.2.6:「Android Honeycomb」(ハニカム)
  • Android 4.0~4.0.4:「Android Ice Cream Sandwich」(アイスクリームサンドイッチ)
  • Android 4.1~4.3.1:「Android Jelly Bean」(ジェリービーン)
  • Android 4.4~4.4.4:「Android KitKat」(キットカット)
  • Android 5.0~5.1.1:「Android Lollipop」(ロリポップ)
  • Android 6.0~6.0.1:「Android Marshmallow」(マシュマロ)
  • Android 7.0~7.1.2:Android Nougat」(ヌガー)
  • Android: 8.0~8.1:Android Oreo」(オレオ)
  • Android: 9.0:Android Pie(パイ)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5107文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]