PBX SaaS コールセンター・コンタクトセンター リンク

第2回:クラウドPBXから始めるワークスタイル改革のコツ

PBXがSaaS化したことで、働き方改革に有効なツールとなっている。第1回に引き続き、「BIZTEL」を提供するリンクの坂元氏が事例を交えて解説する。

 “働く”と聞いて真っ先に思い浮かぶ姿は、決まった曜日に出社し、決まった時間は必ず社内で仕事を行う、という方が多いのではないだろうか。

 そんなイメージが一変する日が近づいてきている。ワークスタイルの多様化に伴い、働く側も働く手段の選択肢を持てるようになってきた。クラウドPBXもそういったツールの一つといえるだろう。

 2019年4月に施行された働き方改革関連法は、罰則付きの残業時間上限規制が初めて定められるなど、長時間労働改善を柱の一つとしている。現時点の適用は大企業のみだが、2020年4月からは中小企業も対象になる予定で、労働人口の減少が進む中、長らく習慣化されてきた働く環境の変化が期待されている。

 重要視される業務を効率化できる手段の一つに、通勤時間の削減、在宅で家事や育児と並行して仕事できるテレワークがある。しかし、総務省が情報通信サービスの普及状況についてまとめた通信利用動向調査によると、2017年のテレワーク導入率は13.9%。2016年の13.3%から増加傾向にあるとはいえ、決して高いとはいえない数値だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1341文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 乗換案内のジョルダンがインフラ基盤をHCIへ刷新、その効果とは
  2. 【マンガで解説!】Excelでの業務データ管理から脱却し、変化に強い企業に生まれ変わろう!
  3. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  4. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  5. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]