ネットワーク コミュニケーション

「Cisco Live」で明らかになったこと--企業が知っておくべき5つのポイント

シスコがAIと機械学習を活用し、ITチームがネットワークデータからより多くの洞察を得られるよう支援する一連のソフトウェアアップグレードを発表した。

 「Cisco Live 2019」が今週、サンディエゴで開幕した。既存のソフトウェアやコラボレーションプラットフォームに対する一連のアップグレードが発表され、急速に変化し続けるエンタープライズテクノロジー分野の状況について考察がなされている。

 Ciscoのネットワークおよびセキュリティ事業担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのDavid Goeckeler氏は基調講演の中で、「今日私たちが暮らす世界に合わせて、ポートフォリオ全体を再構築しなければならない」と述べた。対象には、モノのインターネット(IoT)のほか、データセンター、クラウドプロバイダー、サービスプロバイダー、ネットワークセキュリティが含まれると、同氏は付け加えた。

 今回のカンファレンスにおけるCiscoの発表は、エンタープライズコラボレーションツールの統合を中心とするもので、ユーザーおよびITチームのよりシームレスなエクスペリエンスを目指すとともに、人工知能(AI)や機械学習(ML)をソフトウェアに組み込むことで、組織がネットワークデータからより多くの洞察を得るのを手助けする。この動きは、SalesforceやGoogleなど、自社のビッグデータやアナリティクスの訴求範囲を自社の事業や顧客向けに拡大しようと試みている他のテクノロジー大手の動きに追随するものだ。

 ここでは、Cisco Live 2019で発表された特に重要な5つのポイントと、それらについて企業が知っておくべきことを紹介する。

1. マルチクラウド、IoT、AR/VRが未来を制し、ネットワーキングを変える

 基調講演の中で、Ciscoの最高経営責任者(CEO)であるChuck Robbins氏は、IoT、ブロックチェーン、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)など、爆発的な増加が続く新興テクノロジーと、動的な環境に対応するためにネットワーキングを再構築する必要性について話をしたと、米TechRepublicのTeena Maddox編集主任が現地から報じている。

 ユーザーが複数のデバイスをさまざまなネットワークにまたがって使用するのに伴い、マルチクラウドの接続性に関する関心は高まっている。Ciscoも、組織が自ら収集したデータに基づいて洞察を生成する機能を向上すべく取り組んでいるところだ。

2. AIと機械学習は今後ますますネットワークに組み込まれていく

 Ciscoは、より多くのAIと機械学習をネットワークに組み込むためのソフトウェアアップグレードとともに、新しいネットワーク自動化およびアナリティクスツールを発表した。これらは、企業のITチームがネットワークデータからより多くの洞察を収集するとともに、ネットワークを可視化する狙いがある。

3. 「Cisco DevNet」認定プログラムがソフトウェア開発とネットワークエンジニアリングを統合

 Ciscoの開発者プログラム「DevNet」では、専門資格認定プログラムが更新され、ネットワーク専門家のほかにソフトウェア開発者が加わった。これにより、新たにコミュニケーションベースの開発者センターのもとで、事業間のネットワーク自動化作業をスピードアップする。

 新しい資格認定プログラムには、ソフトウェアプロフェッショナルであることを認証するためのDevNet認定や、エンジニアリング専門家を認証するための合理化された認定のほか、ネットワークおよびソフトウェア業界で初級レベルのプロフェッショナルを支援するトレーニングが含まれている。

4. IoTエッジで厳しい環境や遠隔地と安全に接続する機能

 Ciscoの新製品である高耐久化されたスイッチ、アクセスポイント、ルーターにより、同社のネットワーキング技術を、化学プラントや石油精製所、鉱山などの厳しい作業環境や遠隔地に拡大することが可能になる。

5. 統合されたITコラボレーションプラットフォーム

 Ciscoは同社のコラボレーションポートフォリオを統合したことで、ユーザーとITチーム双方のコミュニケーションをさらに容易にしたと、Cisco Liveで明らかにした。あらゆるCiscoデバイスが同じOS上で稼働するため、デバイス間の切り替えが容易になる。また、さらに統合されたエクスペリエンスにより、ITチームはユーザーをクラウドにより簡単に移行させることが可能だと、Ciscoは述べた。


提供:Cisco

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

「ネットワーク」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]