コラボレーション

MS「Fluid Framework」が可能にする新たなコラボレーション

マイクロソフトの「Fluid Framework」は、新たな共有可能な対話型ウェブ体験を可能にするテクノロジーだ。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSatya Nadella氏が「ウェブに次世代のリアルタイムコラボレーション」をもたらすと「Microsoft Build 2019」カンファレンスで語ったとき、「Google Docs」が念頭にあったのは明らかだ。「Microsoft Office」もデスクトップアプリとウェブアプリの両方に共同編集ツールがあるのに、共同編集といえばGoogle Docsという見方はまだ根強い。

 「Fluid Framework」はドキュメントを分解し、共同で作業することや新しい種類のドキュメントにまとめることが可能なビルディングブロックにする。この新しい種類のドキュメントとは、スプレッドシートやスライドデッキ、文書に限定されるものではない。テクノロジー業界を長くフォローしてきた人なら、そう聞いて思い浮かぶものがいくつかあったのではないだろうか。

 スプレッドシートやグラフツール、ワードプロセッサーなどから取り込んだ情報のチャンク(塊)で構成された複合ドキュメントという考え方はどことなく、Appleが「OpenDoc」で成し遂げようとしていたものや、「Netdocs」(初期のSaaSアプリケーションとして、XMLを利用して複数のツールを1つのSaaSアプリにまとめようと、Microsoftが開発していた生産性ツール)の「ユニバーサルキャンバス」を思わせる。WindowsのOLEによる複合ドキュメントでもすでに同じようなことができるが、広くは使われておらず、パフォーマンスも低下する傾向がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4035文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]