開発ツール

アップル「SwiftUI」--プログラミング言語「Swift」向け新UIフレームワーク

「WWDC 2019」で発表された「SwiftUI」は、アップルにとって、ローコードツールへの移行を意味する。

 Appleは先週、同社プログラミング言語「Swift」向けの新フレームワーク「SwiftUI」を「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で発表した。

 SwiftUIは、Swiftを使ってSwift向けに構築されたもので、コードの記述と理解を容易にする。開発者がはるかに少ないコードで優れたアプリを構築できるようにすることを目的としており、開発者の間でSwiftの人気をさらに高める可能性がある。

 SwiftUIは、Appleにとってローコードへの移行を意味するものであり、数百行のコードをわずか数行に変換することで、開発者のワークフローを簡素化する。SwiftUIは「iOS」や「iPadOS」「macOS」「watchOS」「tvOS」に組み込まれているAPIと同じであることから、開発者はすべてのAppleプラットフォームで、ネイティブアプリを素早く簡単に作成できると、同社は述べている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1480文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]