開発ツール

アップル「SwiftUI」--プログラミング言語「Swift」向け新UIフレームワーク

「WWDC 2019」で発表された「SwiftUI」は、アップルにとって、ローコードツールへの移行を意味する。

 Appleは先週、同社プログラミング言語「Swift」向けの新フレームワーク「SwiftUI」を「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で発表した。

 SwiftUIは、Swiftを使ってSwift向けに構築されたもので、コードの記述と理解を容易にする。開発者がはるかに少ないコードで優れたアプリを構築できるようにすることを目的としており、開発者の間でSwiftの人気をさらに高める可能性がある。

 SwiftUIは、Appleにとってローコードへの移行を意味するものであり、数百行のコードをわずか数行に変換することで、開発者のワークフローを簡素化する。SwiftUIは「iOS」や「iPadOS」「macOS」「watchOS」「tvOS」に組み込まれているAPIと同じであることから、開発者はすべてのAppleプラットフォームで、ネイティブアプリを素早く簡単に作成できると、同社は述べている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1480文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]