OS

「macOS Catalina」入門--「iPad」との連携が強化されたアップルのデスクトップOS

「macOS Catalina」はアップルの次期デスクトップOSだ。「iPad」をサブディスプレイとして使用できる「Sidecar」機能を備え、「iTunes」が3つのアプリに分割される。この新OSの機能、対応デバイス、提供時期などを紹介する。

 Appleは米国時間2019年6月3日に開催の「Worldwide Developer Conference」(WWDC)において、同社デスクトップOSの次期バージョン「macOS Catalina」をついに初披露した。

 今では全OSシリーズの最新版を年1回リリースするのが慣例となっており、2019年もそのスケジュールどおりになっている。macOS Catalinaでは、安定性とパフォーマンスが軽量な効率性と組み合わされて、従来のデスクトップ環境とモバイルデバイスの環境の境界がさらに曖昧になった。これは、「Mac」コンピューターと「iPad」または「iPhone」デバイスの両方を日常的に使用している人にとっては、なじみ深い体験だが、Catalinaではこれまで以上に深い部分での統合も実現する。

 このmacOS Catalina入門記事では、パフォーマンスをさらに高めつつ、ユーザーが慣れ親しんだデスクトップ体験を維持する機能、アプリケーション、セキュリティのアップデートについて解説する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5581文字 ログインして続きを読んでください。

「OS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]