購買・調達 キヤノンITソリューションズ

EDIソフト「EDI-Master B2B Gateway」にZEDI連携--入金消込処理を自動化

キヤノンITSはEDIソフト「EDI-Master B2B Gateway」のオプションとして全銀EDIシステム(ZEDI)に対応する「ZEDI連携オプション」の提供を開始。商流情報を添付できるようになり、入金消込処理を自動化できる。

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、品川区)は6月11日、開発、提供する電子データ交換(EDI)ソフト「EDI-Master B2B Gateway」のオプションとして全銀EDIシステム(ZEDI)に対応する「ZEDI連携オプション」を発表した。既存の「JX手順(クライアント側)オプション」と組み合わせ、業務を効率化できるという。同日から販売する。

 ZEDI活用に必要なXML形式の電文作成、変換、クライアント証明書の取得、更新に対応。JX手順の通信と組み合わせ、入金消込処理が自動化できるという。小売業での実証実験では年間で9000時間、全体で約6割が削減できたとしている。

システム概要(出展:キヤノンITS)
システム概要(出展:キヤノンITS)

 2018年12月から稼働しているZEDIは、総合振込時に従来の「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」よりも多くの情報を送信できる。一般社団法人全国銀行協会(全銀協、千代田区)と一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット、千代田区)が銀行送金電文を国際標準で高拡張性のXML電文に移行させた仕組みで、入金消込処理の効率化、商流情報の添付ができる。

 流通業界で多くの実績がある通信プロトコルとなるJX手順を採用。インターネットなどのIP網が前提となるため、利用には電子証明書でのセキュリティ確保が必要。今後は電子領収書の利用など、新サービスへの活用を検討しているとしている。

ZEDIによる総合振り込みの仕組み(出展:キヤノンITS)
ZEDIによる総合振り込みの仕組み(出展:キヤノンITS)

 EDI-Master B2B Gatewayの税別価格はWindows版(4回線~)が40万円から、Linux版が100万円から。JX手順(クライアント側)の税別価格はWindows版(~4回線)が10万円、Linux版が50万円。ZEDI連携オプションの税別価格は、Windows版(~4回線)が50万円、5回線~が100万円、Linux版は150万円。

「購買・調達」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
購買管理
SCM
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]