CRM コミュニケーション ゾーホージャパン

「30~50社のエコシステムを目指したい」ゾーホー、パートナー販売に注力

CRMなどのSaaSを提供するゾーホージャパンは事業戦略説明会でパートナー販売に注力する。「アクティブなパートナーは5~6社。30~50社のエコシステムを目指したい」という。

 ゾーホージャパンは40種類以上の業務アプリケーションを利用できるSaaS「Zoho One」や顧客情報管理システム(CRM)のSaaSである「Zoho CRM」などを提供。本社の最高戦略責任者(Chief Strategy Officer:CSO)のVijay Sundaram(ヴィジャイ・サンダラム)氏は「最近の都市部は混雑している。東京や(インドの)チェンナイ、サンフランシスコも同様。日本の働き方改革関連法を支持したい」と同社が提供するSaaSで業務効率化ができることを強調した。

 日本法人であるゾーホージャパンは6月7日に年次イベント「Zoholics:JAPAN」を開催。本社CSOであるSundaram氏とチーフエバンジェリストのRaju Vegesna(ラジュ・ベゲスナ)氏が来日。事業戦略説明会を同日に開催した。2019年上期の売り上げは1.5倍、パートナー企業による売り上げは2倍を超える見通しという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1549文字 ログインして続きを読んでください。

「CRM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]