OS モバイル

「iPadOS」入門--「iPad」専用に最適化されたアップル製モバイルOS

「iOS」は「iPhone」用と「iPad」用の2つに分割された。米国時間9月24日に公開されたiPad専用の「iPadOS」には、同タブレット向けに最適化された新機能が多数搭載されている。ここでは、新OSの特徴や対応デバイス、iOSとの違いなどを紹介する(2019年6月10日公開、2019年10月3日更新)。

 2010年の初代「iPad」発売以来、Appleはタブレット市場で優位に立っている。当初は「iPhone OS 3.2」が搭載されていた第1世代の9.7インチiPadは、アーキテクチャー面では大型の「iPhone」のようなものだった。Appleはその後のモデルでiPhoneとの差別化を図り、「Apple Pencil」などの入力方式のサポートを追加したほか、さまざまな画面サイズのモデル(7.9インチの「iPad mini」、10.5インチ、11インチ、12.9インチの「iPad Pro」など)を投入している。

 iPadの製品ラインアップが拡大し、完全に独立した製品カテゴリーとなったため、Appleは2019年の「Worldwide Developer Conference」(WWDC)において、iPad向けiOSを(「iOS 13」以降では)「iPadOS」に改称すると発表し、iPadを他のデバイスと差別化する機能を前面に打ち出した。この名称は、「Apple Watch」向けの「watchOS」や、「Apple TV」向けの「tvOS」といったAppleの命名のトレンドを踏襲するものだ。

 このiPadOS入門記事では、iPadOSとiOSの違いについて、重要な点を簡潔に説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2594文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. NoSQL+SQLを実現! MySQLドキュメントストアはどう凄いのか
  2. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  3. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  4. フルスクラッチ開発の苦労がほぼゼロ!アプリでのファンベース構築も目指すNEC
  5. 人事異動前の対策が急務!ファイルサーバのアクセス権管理、よくある5つの課題と解決法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]