OS モバイル

「iOS 13」入門--ダークモードを搭載したアップルの新モバイルOS

「iOS 13」はアップルの最新モバイルOSだ。ダークモードをはじめ数々の新機能が追加されたほか、今回から「iPad」は専用の「iPadOS」でサポートされる。ここではiOS 13の新機能や対応デバイスなどを紹介する。

 Appleは2019年6月に開催の「Worldwide Developer Conference」(WWDC)において、「iOS 13」を発表した。同社はすぐに新モバイルOSの詳細な説明に入り、驚くような発表をいくつも行った。たとえば、「iPad」と「iPhone」のサポートが分割され、それぞれ機能が異なる専用のOSでサポートされることになる。これはiPadがリリースされてから初めてのことだ。

iOS 13とはどんなものなのか、どのデバイスが対応しているのか

 iOS 13は、iOSと呼ばれるApple製モバイルOSの13番目のメジャーバージョンだ。対応機種は、本稿執筆時点で入手可能な以下のiPhone、iPad、「iPod touch」デバイス。2019年後半のリリースが見込まれる新しいiOSデバイスには、iOS 13がプレインストールされるはずだ。

  • 「iPhone XR」
  • 「iPhone XS」
  • 「iPhone XS Max」
  • 「iPhone X」
  • 「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」
  • 「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」
  • 「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」
  • 「iPhone SE」
  • iPod touch(第7世代)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5168文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 乗換案内のジョルダンがインフラ基盤をHCIへ刷新、その効果とは
  2. 【マンガで解説!】Excelでの業務データ管理から脱却し、変化に強い企業に生まれ変わろう!
  3. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  4. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  5. デジタル時代に“生き残る”金融企業と“消えていく”金融企業、その決定的な違いとは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]