開発ツール

アップルの開発プラットフォーム「Project Catalyst」--「iOS」アプリを「macOS」向けに

アップルの開発者向け新プラットフォーム「Project Catalyst」は、より簡単な方法で、「iPad」向けに開発した「iOS」アプリを「Mac」でも使えるようにすることを可能にする。

 米国時間6月3日に開幕したAppleのWorldwide Developer Conference(WWDC)において、大いに期待されている開発者向けの新プラットフォーム「Project Catalyst」が同社の幹部らによって披露された。このプラットフォームを使用することで、開発者はより簡単な方法で、「iPad」向けに開発した「iOS」アプリを「Mac」でも使えるようにすることが可能だ。

 Project Catalyst(旧開発コード名:「Project Marzipan」)は、「macOS」の最新版である「Catalina」を使用することになる1億人を超えるアクティブなMacユーザーに向けて、アプリを提供したいと考えているiOS開発者の作業を容易にする。Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントCraig Federighi氏は基調講演の中で、開発チームはCatalystを使うことで、「iPhone」からiPad、そしてMacにわたって動作する単一のアプリを構築することができると述べた。これにより、Appleのエコシステム全体で統合されたアプリのサポートの可能性がさらに開かれる。

 Catalystが登場する以前、iOSアプリはMac上で動作することはできず、その逆も不可能だった。これは、それぞれのOSがベースとしている枠組みの違いによるものだが、米TechRepublicの姉妹サイトである米CNETは、iOSが「UIKit」のみに依存していたのに対し、macOSは「AppKit」を使用していたと説明している。新たなプラットフォームは、UIKitの要素をmacOS Catalinaに導入することで、iOSアプリをMac上で実行できるようにしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1709文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム
  2. PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?
  3. 【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは
  4. セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る
  5. SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]