OS・ミドルウェア

LinuxのISOイメージをUSBフラッシュドライブに書き込み--「Popsicle」で簡単に

「Linux」の起動可能USBフラッシュドライブを作成する作業は、「Popsicle」を使用すれば簡単だ。

 データセンター向けの「Linux」サーバーは、System76Red HatSUSEなどから購入できる。これらのサーバーには、Linuxがプレインストールされているので、OSをインストールする必要はない。ただし、市販のベアメタルハードウェアを購入した場合、それらのサーバーにOSが搭載されていない可能性もある。Linuxをインストールしたいのなら、好みのLinuxサーバーディストリビューションの起動可能なバージョンが書き込まれたUSBフラッシュドライブを使う必要がある。

 このタスクを処理できるツールはたくさんある。System76によって開発された「Pop!_OS」を使っている人には、朗報がある。このOSには、LinuxイメージをUSBドライブにフラッシュする作業を大幅に簡素化するツールが標準で搭載されている。

 どれだけ簡単になるのだろうか。説明しよう。

必要なもの

 必要なのは以下のものだけだ。

  • Pop!_OSを実行しているマシン。
  • 約8GBの空き容量(安全を期すため)があるフォーマット済みUSBフラッシュドライブ。
  • USBフラッシュドライブに書き込むLinux ISOイメージ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1066文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]