VR・AR

MSのMRヘッドセット「HoloLens 2」--ターゲットはビジネスユーザー

マイクロソフト新しい複合現実(MR)ヘッドセット「HoloLens 2」は、設計の見直しやセンサー群の精度向上などにより、使用感や操作性が向上している。

 ワシントン州レドモンドのMicrosoft本社の会議室に座り、筆者は手を伸ばした。鮮やかなブルーのハチドリが会議室を飛び回って、筆者の手のひらの上を舞い、その羽ばたきが耳の中で聞こえた。筆者は第2世代の「HoloLens」を装着したばかりのところで、体験がどれほど違うものなのか、何も心構えができていなかった。映像はより鮮明で、反応が速く、そして何よりも、視野に占める割合がずっと広がっていた。

 だが、舞っているハチドリは、喜びを与えてくれるかもしれないが、HoloLens全体から見ればささいな一部にすぎない。もっと興味深いのは、インターネットに接続されたウェアラブルな拡張現実(AR)デバイスを使えば企業に何ができるか考えてみることだ。

「HoloLens 2」を装着する

HoloLens 2は、旧モデルよりもバランスが取れているので、着け心地がいい。
HoloLens 2は、旧モデルよりもバランスが取れているので、着け心地がいい。
提供:Microsoft

 初代のHoloLensと比べてそれほど軽くなったわけでもないのに、HoloLens 2を装着すると、確かに実際よりも軽く感じる。これは大幅な設計の見直しによるもので、おかげでバランスがよくなり、はるかに装着しやすいデバイスになった。バッテリーとArmベースのコンピューターは後部に配置され、センサーとカメラが前部にある。そのため、もう前の方が重いデバイスではなくなり、額部分のパッドのおかげではるかに快適だ。眼鏡を掛けていても、ディスプレイの重みで眼鏡のフレームが頬や鼻に食い込むのを恐れずにいられる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2831文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド
  2. カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る
  3. IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を
  4. エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ
  5. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]