VR・AR

MSのMRヘッドセット「HoloLens 2」--ターゲットはビジネスユーザー

マイクロソフト新しい複合現実(MR)ヘッドセット「HoloLens 2」は、設計の見直しやセンサー群の精度向上などにより、使用感や操作性が向上している。

 ワシントン州レドモンドのMicrosoft本社の会議室に座り、筆者は手を伸ばした。鮮やかなブルーのハチドリが会議室を飛び回って、筆者の手のひらの上を舞い、その羽ばたきが耳の中で聞こえた。筆者は第2世代の「HoloLens」を装着したばかりのところで、体験がどれほど違うものなのか、何も心構えができていなかった。映像はより鮮明で、反応が速く、そして何よりも、視野に占める割合がずっと広がっていた。

 だが、舞っているハチドリは、喜びを与えてくれるかもしれないが、HoloLens全体から見ればささいな一部にすぎない。もっと興味深いのは、インターネットに接続されたウェアラブルな拡張現実(AR)デバイスを使えば企業に何ができるか考えてみることだ。

「HoloLens 2」を装着する

HoloLens 2は、旧モデルよりもバランスが取れているので、着け心地がいい。
HoloLens 2は、旧モデルよりもバランスが取れているので、着け心地がいい。
提供:Microsoft

 初代のHoloLensと比べてそれほど軽くなったわけでもないのに、HoloLens 2を装着すると、確かに実際よりも軽く感じる。これは大幅な設計の見直しによるもので、おかげでバランスがよくなり、はるかに装着しやすいデバイスになった。バッテリーとArmベースのコンピューターは後部に配置され、センサーとカメラが前部にある。そのため、もう前の方が重いデバイスではなくなり、額部分のパッドのおかげではるかに快適だ。眼鏡を掛けていても、ディスプレイの重みで眼鏡のフレームが頬や鼻に食い込むのを恐れずにいられる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2831文字 ログインして続きを読んでください。

「VR・AR」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]